忍者ブログ

まつおぶろぐ

バイク、FPS、その他雑感雑記がすべて。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Goliathus SpeedEdition 2013を購入しました

今まで使っていたGolathus SpeedEditionが劣化してきたので、そのモデルチェンジバージョンのGoliathus Speed 2013を購入しました。価格はAmazonで2,706円でした。ふつう。
使いはじめのゴム臭は相変わらずです。外国製布パッドはこんなもんなんでしょう。
大きさはLarge[横44.4cm,縦35.5cm,厚さ3mm]です。


Razerの主張。見た目の変化


Razerのロゴが大きくあしらわれた見た目は、派手すぎるがためかあまり評判がよろしくないようです。(Amazonのレビュー等から)
個人的にはトラッキングに影響が無ければ気にならないので(むしろ派手なぐらいがいい)
人によるのかなといった感じです。

割と大きい?表面の変化

かなり初期?(模様無しのモデル)のGoliathusSpeedを使用していたので、"前のモデル"と断言できるかどうかは怪しいですが、表面が変わったのはこの2013が初めてらしいので前のモデルとの比較として書いていきます。

左:前のモデル 右:2013モデル

まず、このシリーズの特徴として、滑り良く布なりに止めやすく縦横の滑りに違いありという共通点がありましたが、今回もそれらは健在でした。

以前のモデルと比べて表面が変わり、手でコスってみると繊維を触っているような感じになっています。目が粗くなった?ようにも思えます。
しかし滑りは向上しており初動も軽くなっているため、タダでさえ速かった旧シリーズを越えて布パッドの中でも相当速いパッドなんじゃないかと思われます。
Controlとの差別化が図られたのかな?と予想しています。

トラッキング性能に関しては、今のところ特に変わりを感じません。
ただひとつ、リフトオブディスタンスが長いG400ですが、Goliathus2013を使用し始めてからちょっと低くなったように感じます。

個人的に残念。クッション性

今回一番気になったのが中間層のクッション性です。
上が前のモデル、下がステッチ加工が施された2013モデル。

前のモデルが4mmなのに対し、2013モデルは3mmでステッチ加工(端のほつれを防ぐ加工)つきというスペックシート。
1mmの差は大きく感じられました。
劣化しているおかげかも知れませんがクッション性があり、マウスを押さえて止めることが出来たことを気に入っていた前のモデルなので、この点だけが残念でした。

滑り止めは優秀です。


裏面は凄い色のラバーでした。
マウスパッドが大きいこともありますが、前のモデルよりもしっかり机に張り付いてくれます。


総括

見た目が大きく変わっただけでなく、ステッチ加工や表面の進化、ラバーの剛性向上等で大きく進化しています。
買い替えの場合でも大きな違和感無く進化を体感できますし、滑りやすい布パッドが欲しい新しく手を出してみる方にもお勧めできるパッドだと思います。
また、まだまだこれから使い込んでいかないと分からないこともあると思うので、後々更新しようと思います。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © まつおぶろぐ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

プロフィール

HN:
mathkm
性別:
男性
職業:
japanese mushoku
趣味:
motor computer etc
自己紹介:
FPSやバイク関係の雑記やレビュー。
ちなみにどっちも下手です。

不定期更新




P R