忍者ブログ

まつおぶろぐ

バイク、FPS、その他雑感雑記がすべて。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これは見ておくべき!フラグームービー集 [Counter-Strike:Source 海外編]


CS:GOからCounter-Strikeシリーズを始めた方。または興味のあるかた向けに、これは見ておくべき!というフラグームービーをまとめてみました。
前回は初代であるCounter-Strikeを取り上げましたが、今回はその続編であるCounter-Strike:Sourceからご紹介します。つづきからどうぞ。

Versus


2008年にリリースされたプロゲーマーのフラグシーンを集め、格闘ゲーム風に編集されたムービー。
現在もCS:GOで活躍しているTitanのEx6tenZ選手やFM-esportsのRattlesnK選手も出演しています。
アメリカのプレイヤーが多かったり、1.6のプレイヤーも多々いる理由は
2007-8年の2年間だけ開催されていたChampionship Gaming Series(CGS)が開催されている真っ只中に作られたムービーであるためです。
この大会の何が凄かったかというと、年俸制度を採用したり、メジャーリーグのような地域拠点制のチームスカウトを行う等のこれまでにない制度が多々あったので1.6から移行するチームやプレイヤーも多く、拠点がアメリカだったのでアメリカ人が多いのです。

Erasus


Versusと同時期に作られたムービー。subkultureの楽曲erasusに合わせて素晴らしい流れに編集されています。
NiPのFifflaren選手が出演しています。

mTw 2008-2009


プロゲーミングチームmTwの2008~2009年のプレイを集めたムービー。
4分ごろからのDefuse the bomber!は必見です。全体的にも編集がよく、見やすいムービーです。
現在mousesportsのインゲームリーダーをしているnooky選手が当時もリーダーとして活躍していました。

Incorporated 2


言わずと知れた名編集ムービーのinc2です。知名度的にはSource版Annihilation2といったところですが、フラグシーンはほとんどプロのものではありません。
しかも、フラグシーンの5割程度はチートやbotを撃ったフェイクであることが後日発覚。
作者のClaymanも共謀していたため、CSSのムービーでは大手であったInfected Productionを追放され、事実上CSSコミュニティからほとぼりが冷めるまでキックされることになりました。
しかし名ムービーには変わりなく、今も人気作のひとつです。

Chuck norris teh movie


前回のCS1.6編で紹介したpub masters系統のムービー。
CSS特有の投げ物ブーストや謎の天井を利用したポジションを利用したファニープレイが多いです。

phoon - too much for zblock


CSSのゲーム性で特徴的なのが超加速バニーホップ。zBlockというプラグインで規制されるまでは移動に有効的なものでした。
規制前までのphoonというプレイヤーのエグいバニーホッププレイ集です。
こんなの当てれるワケないんだよなぁ・・・(震撼)。

まだまだ紹介し足りませんが、6つずつぐらいでご紹介していこうかと思っています。
次はもっとGOでも活躍しているプレイヤーのものをそろえてみます。それでは~。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © まつおぶろぐ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

プロフィール

HN:
mathkm
性別:
男性
職業:
japanese mushoku
趣味:
motor computer etc
自己紹介:
FPSやバイク関係の雑記やレビュー。
ちなみにどっちも下手です。

不定期更新




P R